水虫は足に発生することが多い病気で、様々な種類があります。初期症状に気づきづらいものもあり、症状が進行してから初めて気づく場合もあります。しかし水虫は早期治療が非常に大切な病気なので、少しでも水虫にかかる環境にいたならば予防行動も必要になります。こちらでは水虫の早期治療の重要性、治療方法などについて紹介していきます。
つらいかゆみに悩まされることが多い水虫。
早めの対処で症状を温和しましょう。
辛いかゆみ

水虫はお風呂でも移るのか

発生した部位が痒くなる、皮がめくれてしまう、あるいはジュクジュクになってしまう水虫は、非常に厄介な症状です。これが発症するのは白癬菌と言う菌が原因です。
菌が原因ですから、当然、人から人へ移る症状です。では、水虫の人と一緒にお風呂に入ると移るのではと心配される方も多いかもしれませんが、結論から言うとその可能性はほとんどありません。
白癬菌は水などで洗い流すことができる菌です。仮に水中に浮いている白癬菌が体に付着したとしても、その後にシャワーなどで軽く、体を洗い流すことでじゅうぶん対処することができます。
ただし気をつけたいのは入浴後です。入浴後には、足を乾かすためにバスマットを使用し、そして体を拭くためにバスタオルを使用します。
こうした道具を、水虫に感染している人と共有している場合は、白癬菌が移る可能性は非常に高くなります。
これは、バスマットやバスタオルには水虫の人の皮膚が剥がれ落ちたり、付着したりするため、白癬菌が存在しているためです。

また適度に濡れ、栄養となる人間の皮膚や髪の毛などが落ちてくるバスマットやバスタオルは、菌が増殖するのにうってつけの環境と言えるためです。
バスタオルは個別のものを使用しているけれど、バスマットは家族で共有していると言う方は多いかと思われます。
その場合、家族の中に水虫にかかっている人がいると、あっと言う間に家族全員に白癬菌が移ってしまうと言うことも考えられます。
水虫は、性別、年齢問わず発生する症状ですから、このような場合は速やかに使用するバスマットを分けた方が良いです。
しかし白癬菌は、皮膚に付着してから水虫となって発症するまでには1~2日の時間が必要だと言われています。
ですから仮にバスマットの共有によって白癬菌が移ったとしても、毎日の入浴などで足などを丁寧に洗っていれば、症状が出てくる確率を低くすることは可能です。