水虫は足に発生することが多い病気で、様々な種類があります。初期症状に気づきづらいものもあり、症状が進行してから初めて気づく場合もあります。しかし水虫は早期治療が非常に大切な病気なので、少しでも水虫にかかる環境にいたならば予防行動も必要になります。こちらでは水虫の早期治療の重要性、治療方法などについて紹介していきます。
つらいかゆみに悩まされることが多い水虫。
早めの対処で症状を温和しましょう。
辛いかゆみ

水虫に効果的なニゾラールとは?

ニゾラールとは真菌の殺菌に使われる抗真菌薬です。真菌とはカビの一種で水虫の原因のなる白癬菌、カンジダ症の原因となるカンジダ、アスペルギルス症の原因となるアスペルギルス、脂漏性皮膚炎の原因となる癜風菌などがあります。
ニゾラールはこういった真菌を殺菌し病気を治すのに使われています。
ニゾラールはいケトコナゾールを主成分としたイミダゾール系の真菌薬で真菌を殺菌してくれる為、きちんと継続的に使用方法を守れば完治させることができます。
イミダゾール系というのは副作用が比較的少ないとされており、数種類の真菌症に効くのでさまざまな真菌症の治療に使われています。
ニゾラールの主成分であるケトコナゾールは真菌の細胞膜の主成分であるエルドステロールという物質が合成されるのを阻害して真菌の発育を抑えたり阻止したりします。
ニゾラールにはクリーム、軟膏、液体の3種類があります。症状や部位によって使うタイプが変わってきますが、使い勝手が良いのでクリームと難航が広く使われています。

しかし、液剤タイプのものは刺激が強いという弱みがありますが、浸透力が抜群なので皮膚の厚い患部でも浸透します。
真菌に効き目抜群のニゾラールですが副作用もあるので注意が必要です。副作用としては熱感やヒリヒリとした刺激感、発赤、紅斑、かゆみ、かぶれなどの接触性皮膚炎を引き起こす可能性があります。
このような症状が現れた場合はすぐに水で洗い流して医師の診断が必要です。ただし、皮膚に塗った時のちょっとした刺激感はそこまで心配しなくても大丈夫です。
使用上の注意としては、患部を清潔にした後に塗布し、皮膚に刷り込むようにして塗るようにしてください。患部の近くで症状が見見られなくても真菌が潜んでいる場合もあるので患部の周り広範囲に塗る必要もあります。